小林製薬のヒフミドと、花王のキュレル、どっちを使ってみようかな~?と悩んだことありませんか?

敏感肌や乾燥肌を持っていても保湿の効果があると人気の2つの化粧品。
まずは保湿に効果があるとされているセラミドの含有量について見ていきます。

小林製薬ヒフミドは、人間の肌に浸透しやすいセラミドⅡが配合されています。
花王のキュレルは、セラミド配合となっていますが、実はセラミドではなく
「擬似セラミド」(合成セラミド)です。

小林製薬のヒフミドと花王のキュレルの値段を比較してみてもわかると思いますが、
花王のキュレルの方が安いんですよ。

なぜなのか?というと、疑似セラミドなので、原材料が安価だということです。
小林製薬のヒフミドが高い理由は、天然のセラミドを使っているからです。

よく市販されている化粧品の中で「セラミド」配合となっていて、3000円以下の商品は、
「疑似セラミド」なので、注意してください。

「疑似セラミド」が悪いような書き方をしているわけではなく、天然のセラミドなのか石油などで
作られたセラミドなのかの違いです。もちろん、効果の方は、天然のセラミドの方が良いです。

効果を期待して購入する場合は、値段が高いですが、小林製薬のヒフミドをオススメします。

すぐに効果を求めず、まずはセラミドを使ってみたい人は花王のキュレルをオススメします。

もっと詳しくヒフミドとキュレルの比較を知りたい人は、キュレルとヒフミド敏感肌用に選ぶのはどっち?
に詳しく書かれていますので、是非ご参考ください。

セラミドの種類によっては、肌に合わない場合もあるので、まずは試してみることも必要です。

肌の相性も人それぞれ異なるので、一概には言えませんが、天然のヒト型セラミド「セラミドⅡ」
を配合している小林製薬のヒフミドの方が保湿力は優れています。

小林製薬「ヒフミド」も普通に購入すると、かなり高い化粧品ですので、
まずはお試しセットで購入してみることをオススメします。

ヒフミドのトライアルセットであれば、送料込みで980円(税込)で購入することができます。
トライアルセットを使ってみて、自分の肌に合うならば、購入してみるといいと思います!